2009年08月07日

ラムの大冒険!! <第8章>

   <第7章からの続きです>


冒頭に書く話ではないかもしれないが、南からの横断(だから縦断)が若干中途半端なところで終わってしまい、またこの先の冒険も今のところ大した進展がない。

作者も実はこの大冒険シリーズをどうまとめようか少々苦悩している。

突然の連載打ち切り・・大作家のように「今は気分が乗らないから書かない」なんて言ってみたいところだが、単にネタがないだけなのである。

しかし大冒険ファンの期待を裏切るわけにはいかない。
読者のためにも今ある力を振り絞って、わずかな続編を綴ってゆきたい。


誰やねんw


さて、苦境の末、南からの横断が不可能ということがわかり、散り散りになった勇者たち。

それでも尚、この苦難の旅の余韻に浸りフォロヘルに残る勇者がいた。

寝なくていいのか? 明日大丈夫か?
お ま え も なwww

残った勇者は6名。
完全にドMとも言うべきこの面々。
言われてみれば、かつて「不運なバーグラー」と呼ばれた男(名前は秘す)の姿もある。

このメンバーで向かった先はすばり、西海岸。
先日も書いたように、古の勇者・ぐろっきぃを迎えても尚、突破できなかった場所だ。

再び先日と同じ西海岸からのスタート。これで笑いがとれれば業界用語でいう「天丼」なのだが。

疲れ果てた身体に鞭を打ち挑む。

この場所ではあの・・そう、あの得体の知れない恐怖の即死線が我々を待っているのだ。

しかし我々の中には今ヒーロー(エセ)を除いて5名のCPTがいる。
それにエセもエセなりにかなりの士気をヒールできるLRMだ。

前回はCPTが最多4名だった。比べて今回は1名多い。しかも前回風邪で欠席していた部長もいる。

仁王・身代わり。
この最強スキルを自在に操れる5名の勇者。


これはいけそうだ。


作戦を練り、いざ出陣。

失敗は許されない。皆の胸に緊張感が迸る。


5、4、3、2、1・・・・

55555555555555555555555555555555

勝つんだ、あの即死線に勝つんだ!!

かーつーんーだーーーーーーーーーーーーーあああああああ

あああああああああああああああああああああwwwwwwww


ScreenShot02409A.jpg


ぜんめつつううううううううううううううううううううう

さらに!追い討ちをかけるようになんとも奇妙な現象が!!

ScreenShot02410A.jpg

どうやらラムと不運なバーグラーを除く他の勇者たち・・なんと海底へと沈んでしまったようだ!!

ラムは水面に浮かぶように倒れこんでしまったので、水面下で何が起こっているのかは記録に残すことができない。

視点をあらゆる方向に変えて見渡す限り、どう見ても不運なバーグラーの姿しか見えない。

ScreenShot02413A.jpg

どういう状況なのか、こちらからは確認することができなかった。

海底へ沈んでしまった勇者の中には、某江頭にほっぺたに「なると」を書かれ、水中で落顔というまさに屈辱を味わうことになる者もいた。

SSでお見せすることができず残念。
どうしても・・という方は、エセもしくは某江頭にご一報を。


こうして、オチが「なると」かよ・・というなんとも微妙な結末でこの日の旅を終える我々(某江頭と)愉快な仲間たち。


この数日、あらゆるポイントからフォロヘル湾を料理してみたが、未だ先の見えない暗黙のエリアから抜け出せない我々。

フォロヘル湾はこうして太古より挑戦者を誘い込み、命を奪い取る非常に恐ろしいところなのだ。

(某江頭と)愉快な仲間たちは、白く凍りつくフォロヘル湾を前にあがき続けている。

我々はいかにしてこの難関を突破し得るのであろうか・・・。


ひらめき ここでお知らせです。

あなたも(某江頭と)愉快な仲間たちの旅の仲間に加わりませんか?

共にこの果てしない戦いに立ち向かえるというほんの少しの勇気さえ準備して下されば大丈夫です。

大冒険シリーズの続きを一緒に綴ってゆきませんか?

ご応募、お待ちしております。


   <気分が乗れば第9章へ続く>















































posted by Mayumin at 19:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

ラムの大冒険!! <第7章>

   <第6章からの続編です>


スーリ=キラからの横断もとうとう壁にぶち当たり、やむなく違ったルートからフォロヘル湾へ立ち向かうことになった我々(某江頭と)愉快な仲間たち。

どうにか島へ渡れそうなスポットを求め、湾岸線を手分けしながら一斉に走り回る勇者たち。

ScreenShot02402A.jpg

時刻は午前2時を軽く過ぎているというのにみんな元気である・・・。

そんな中、あるCPTマイスターが南方のスポットへ到着、我々も全員後を追う形になった。

次なるターゲットは、あの島だ!!!!!!!!!!



ドーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!




ScreenShot02404A.jpg

おっと、失礼。

ScreenShot02405A.jpg

あのお尻の右前方に見える島である。

しかし、ここでも我々を思わぬアクシデントが待ち受けていた・・・。

まずは勢いよくG2チームが出発。
いつも先発をゆくG2チーム、まるで偵察隊のようだと思っていたのは内緒だ。

ScreenShot02403A.jpg

そう、かつての青島も叫んでいた。事件は現場で起こったのである。

ScreenShot02406A.jpg

ぜぜぜぜぜぜぜぜぜぜぜぜぜぜぜんめつっすかーーーwwwwwww

ScreenShot02407A.jpg

そして我々もチャレンジ。

我々G1チームも1回目は失敗。なぜならスタート直後、出発地点にいたワームに絡まれ気をとられた仁王担当CPT(某江頭)が遅れてしまったのである。
陸地からも容赦なく敵が襲いかかってくる、なんて危険な場所なんだろうか。

こうしてG1・G2チームともに2回目のチャレンジで成功!


苦難を乗り越え渡りきったものの先が見えない状況。

この果てしない戦いに終わりは来るんだろうか。

ともかく、南からの横断(むしろ縦断)は涙を飲んでこの場に留まることになる。

ScreenShot02408A.jpg

時間も時間、力尽きた勇者たちが散り散りになってゆく。
おやすみーーーんwwww


この因縁の対決は次章へ続く。


   <第8章へ続く>


































posted by Mayumin at 16:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

来週の昼裂け告知です!

いよいよ梅雨も明け、木立の緑がますます色濃く感じられる今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。

さて、昨日の裂け目の折にはお世話になった皆様方、誠にありがとう御座いました。
お陰様で午前1時半過ぎを持ちまして終了致しました。

っておいwww えらい遅いやないかーーいwwwww
いやはや、随分遅い時間までかかってしまいました。スイマセンwwww

スラングまではすんなりいったんですけどねぇ・・昨日はサウアラックがちょっと鬼門でしたネ。
まぁ2回目でクリアできたので良しとしましょう!!
また次回頑張ります揺れるハート

そうそう、昨日の裂け目は昼裂けの延長(というかお昼は中止に)だったんですが、ここで次回の昼裂けの告知をさせて頂きます。

来週は
ひらめき 11日(火)開催。
ひらめき 時間はいつも通り、13:00〜17:00。
ひらめき ロックは3-8を予定しています。
ひらめき 指定は水色・宝石どちらか一品指定です。


尚、1,2のロックとりツアーは前日の10日(月)夜に行こうと思ってますのでこちらもどうぞよろしくお願い致します。

お盆休みの週ですので、いつものレギュラーメンバーにも参加できない方がいるかもしれませんし、ちょうどお休みで今回だけ参加できる方もいるかもしれません。

ということで、改めてここで@3名募集したいと思います。

参加希望の方は、お名前・クラス・指定をこのコメント欄にご記入下さい。
よろしくお願い致しますグッド(上向き矢印)


   ぴかぴか(新しい)現在の参加(予定)メンバーぴかぴか(新しい)

ベオさん・ナスタさん・上様・ウェルさん・おーじゅ・ねこたん・ロビンちゃん・まゆみん 























posted by Mayumin at 18:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ラムの大冒険!! <第6章>

   <第5章からの続編です>

尊い犠牲のもとに到達した島も、蓋を開けてみればスタート地点であったスーリ=キラからほど遠くないところに位置していることが発覚し、愕然とした我々(某江頭と)愉快な仲間たち+α。

しかしここでくよくよしている場合ではない。
我々にはさらに先の島へ渡り続けるという大きな使命があるのだ。

ポジティブに考えれば、後からきた某江頭も合流できるので結果としては良かった。
某江頭がスーリ=キラから渡ってこようとしている。

ScreenShot02380A.jpg

まあCPTこんだけいるから召還すればいい話やねんけどなww

ScreenShot02382A.jpg

「自力で渡る」がポリシーの某江頭を暖かく迎える優しい心を持った勇者たち。そして犠牲があったのは割愛するとして、合流。

そして更なるターゲットを目指す。

ScreenShot02384A.jpg

G2チームが先発で出発。
両チームが同時に出発してしまうと、もし仮に全滅した時に全員が復帰地点に戻されてしまうので、順番に1チームずつ渡ってゆく。

ScreenShot02386A.jpg

またしても先に到着していたG2チームにヒールももらい、感謝多謝!

ScreenShot02387A.jpg

お陰で全員到着。ほっと一息。

更に次の島は・・・ああでもないこうでもないと議論が続く。
このように毎回ターゲットを話し合いの上決めてゆく。

ようやくターゲットが決まり、いざ、前進!

ScreenShot02388A.jpg

意気揚々と(MNSのスキル名ではない)水の中へ飛び込んでゆく勇者たち。だがここでもトラブルが発生した。

ScreenShot02390A.jpg

どうやらこの辺りでみんなの気持ち少しずつにズレが生じ始めたのか・・違った方向に進む勇者もいた。

ScreenShot02395A.jpg

だが、誰か一人でも辿り着けば召還で全員を呼ぶことができるのがCPTの強み。
安全に?全員がこの島への上陸を果たした。

島に着いてからもラムの死など細かいトラブルは多々あるが割愛させて頂きご想像にお任せする。

ScreenShot02396A.jpg

さていくつもの難関を超え、すっかり強気になっている我々。

次なるターゲットを決定し、勇敢に飛び込んでゆくG2チーム。
ここが最も超えれない壁であることなど知る由もない。

ScreenShot02398A.jpg

なななななななななななななななななんとおおおおおおおおおおおおお
ここへ来てG2チーム全滅うううううううううううううう

どうやらここにも即死線があるらしい・・・!

他の島を経由したりいろいろ試してみたが、やはりだめだった。

ScreenShot02401A.jpg

終わるのか?我々の旅はもう終わるのか!?
もうだめなのかああああああああああああああああああ

無念だが、スーリ=キラからの横断(むしろ縦断)は、ここで終止符を打たざるを得ないようだ。


マップ的にはこの辺りである。

ScreenShot02392A.jpg

   
   <第7章に続く>





























posted by Mayumin at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

ラムの大冒険!! <第5章>

   <第4章からの続編です>


前日、西海岸からの横断が難航した我々(某江頭と)愉快な仲間たち。

この日は公式イベントが開催されるということもあり、また無料期間に入った初日ということで、中つ国にはたくさんの人がいた。

わたくしは公式イベントと楽しんだ後、FS対抗カルンタイムアタックを行い、時刻は間もなく真夜中を迎えようとしていた。

しかし夜中になろうが、一向に人が減る気配のない中つ国。
これはいつもと様子が違う!こんなに賑やかな中つ国をどれくらいぶりに見ただろう。

その頃わたくしは、カルンタイムアタックの余韻に浸るメンバーたちと素敵な演奏を聴きながらまったりと過ごしていた。

ある瞬間、ふと思いついてしまった。

このメンバーを、フォロヘル横断(凍死)ツアーに巻き込んでしまってはどうだろう・・・。

提案を出してみると、なんとこの無謀でクダラナイ計画にノってきてくれた勇者たちがいた。
どさくさにまぎれて、LFPで募集も出してみた。

総勢2FS満員。つまり、12人の勇者たち。
しかもそのほとんどが、仁王を使えるCPTである・・・!

集まった勇者たちは個性様々。
中には言わずと知れたCPTマイスターの顔もチラホラ。それに心強いヒーラーであるMNSもいる。これまた期待できそうだ。

こうしてたくさんの勇者たちと共に、悪夢のフォロヘル横断(凍死)ツアー再開の運びとなった。

前日まで、東海岸・西海岸からの横断を進めてきたが、今回は比較的北にあるスーリ=キラという街の一角から旅は始まる。

まずこの日は奇妙な儀式からスタートした。

ScreenShot02352A.jpg

スーリ=キラの湾沿いで、このなんとも不思議な旗を湾に返していく・・まるで灯篭流しのような、そんな儀式である。

ScreenShot02361A.jpg

これは、古くから中つ国に言い伝えられている、全員の安全祈願のためになくてはならない儀式なのだ。


この奇妙な儀式を済ませ、いざ出発!

まずはウォーミングアップがてら、目の前にある島を目指す。
各FSに4−5人ものCPTが揃っているこのレイド。
それぞれ分かれてまずは作戦会議。
仁王・身代わり・速足・旗などの順番を決める。

ScreenShot02362A.jpg

全員まとまって泳いでゆく。

ScreenShot02363A.jpg

チームワークも完璧だ。

先に着いていたG2チームがヒールしながら迎えてくれる。有難いことだ。

ScreenShot02364A.jpg

まず到達したのはこの島。

ScreenShot02371A.jpg

マップのちょうどこの辺りである。

我々の冒険はまだ始まったばかり。どんどん先の島へと渡ってゆかねばならない。
次のターゲットとなる島を発見。そこに某江頭もpopした模様。

ScreenShot02372A.jpg

部長は絶えず我々部員の前をゆく。前日の風邪はすっかり治ったようだ。

ScreenShot02374A.jpg

しかし一見安全そうに見えたこの地点も

ScreenShot02376A.jpg

このように一歩間違えれば、いやもとい、運が悪ければ死が襲い掛かってくる。
全滅の危機と常に隣り合わせのこの旅。フォロヘルとは本当に恐ろしいところである。

そしてここまで随分前進してきたかのように思えたが・・・

ScreenShot02379A.jpg

なんと・・・スーリ=キラがわずかそこに見える・・・。

またしても犯してしまったこのミス。なんともやるせない気持ちの我々。
何人もの犠牲を出しつついくつか島を横断してきたが、なんとスタート地点はすぐそこだったのだ。


   <第6章に続く>

































posted by Mayumin at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

ラムの大冒険!! <第4章>

   <第3章からの続編です>

最近毎日のようにこの大冒険シリーズをUpしておりますが、愛読して下さってる皆さん、こんなクダラナイ記事にお付き合い頂きありがとう存じます。

初めはサラっと第3章くらいで〆ようと思ってたのですが、なにぶん毎晩のようにフォロヘル横断の旅に出ておりまして・・・(その前にCPTカンストさせろ)
日に日にたまっていくSSをここで公開しなければ気が済まなくなってきております。

そもそもわたくしは、LoTROを始めたときからF11を連打するクセがありまして・・PCの修理などで一気にSSが全部消えてしまったことが何度かあるにも関わらず(保存の仕方がわからなかった、いあやり方がわからない)、もうLoTROのSSが入ってるフォルダには2000枚超のSSが収められております(整理しろ、いあやり方がわからない)。

画像をじっくり見て頂ければわかるかと思いますが、いよいよ2288枚目に突入、サービス終了するまでは面倒なのでこのままいこうと思ってます。

という話は余談なんですが、ここからは前回中途半端に終わった「ラムの大冒険!!第4章」をお届けしてゆきましょう。


フォロヘル横断の旅・2日目。西海岸から攻め続ける我々。

しかし旅は難航、フォロヘル湾の調査はなかなか進まず、もうダメかと誰もが思ったその時である。

この日、前日の寒中水泳による風邪で欠席していたカイアス部長の代理で新たな救世主が現れた!!
古の勇者・ぐろっきぃである。

ScreenShot02288A.jpg

ぐろっきぃ・・名前がダサイとか弱そうとかバカにしてはいけない。なんと彼はバフ全開で登場、なんと士気5Kを軽く越えていたのだ!!

この部長代理を迎え、万全な体制で次の島へ改めて挑む我々(某江頭と)愉快な仲間たち。

何としてもぐろっきぃ部長代理を守るのだ!!

みんなで力を合わせて後ろからヒールしつつ付いてゆき、部長代理を補佐する作戦だ。
もちろん、身代わり・仁王・速足、この3つのスキルは順番に入れていく。
そうすることによって全員が長時間倒されずに進めるのだ。

メシ食って、馬乗って助走つけて
GOGOGOGOGOGOGOGOGOGOGOGOGOGOGOGOGO!!!!!!!!!

ScreenShot02289A.jpg

ScreenShot02290A.jpg

ScreenShot02291A.jpg

ScreenShot02292A.jpg

ああああああああああああああああああああああああああああああ
やはりだめなのかああああああああああああああああああ

なんとラムは凍るような水にヤられたのだが、他の勇者たちはどうやら即死線にヤられてしまったようだ!

西海岸にも即死線があるとは・・・・・・!!!!

場所はちょうどこの辺り。

ScreenShot02293A.jpg

力尽きた某江頭とEleはここで撤退。
旅の仲間を2人も失ってしまった。

心にぽっかりと穴が開いたまま湾を眺める残りの3名の勇者たち。

どうしたものか・・この苦境にはやはり勝つことができないのか・・・
遠くに水平線が広がるこの湾に、大きく立ちはだかる透明の壁が見える。

ScreenShot02295A.jpg

我々はこの壁を越えることができず、ただ呆然と立ち尽くすしかなかった。
遠い・・ただ遠い・・・目的の島はこの壁の向こう、遥か遠くに見える・・・。

するとそこへ、夜中なのに関わらず不規則にも起き上がってきた勇者が現れた!

前日散々失態を晒しまくったエセヒーローである。

なるほど、ヒーローらしく登場するタイミングをわきまえている様子。
しかも今回はヒーローがヒーラーとして(ささやかなダジャレである)MNSで登場だ。

ScreenShot02294A.jpg

こうして(エセ)ヒーローが合流。
今回はこのヒーロー(エセ)が、MNSのスキルである代わりにダメージを受ける卵(名前わからん)をぐろっきぃに入れ、後ろから手厚いヒールをするという作戦。

さあ、今度は成功するのだろうか。

すたああああとおおおおおおおおおおおお!!!!

ScreenShot02298A.jpg

あああああ
早速ぐろっきぃ部長代理の士気が随分減っているが大丈夫かあああああ

ScreenShot02300A.jpg

あああああああああああああああ

やはり偶発事故おおおおおおおお (ラムとエセは溺れ死に)

惜しいいいいいいいいいいい

やはり仁王では即死線に勝てないのか・・・。
エピック6巻をやってないのにランマスデルオンを間違って超えてしまったくらいの衝撃だ。(2、3回やったことがある)


こうして時刻はまたしても明け方4時を越えた。
流石に連日連夜の徹夜は厳しい。

我々は敗北感いっぱいのまま就寝することにした。
悔しくて眠れそうもないが・・・。

あまり収穫はなかったが、次の機会にチャレンジすることにして、ここでこの日の旅を終えた。

ScreenShot02301A.jpg


   <第5章に続く>

















































posted by Mayumin at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

ラムの大冒険!! <第3章>

   <第2章からの続編です>

フォロヘル横断(凍死?)ツアー2日目。

第2章では酒樽で飛ばされる地点…つまり東海岸からの横断の様子をお伝えしたが、翌日我々は違った視点からフォルヘルの広大な湾を見渡すことになる。

前日の無謀な死により1Gもの修理代を余儀なくされた某江頭を筆頭に、性懲りもなくフォロヘルへ集う我々愉快な仲間たち。

今回は反対に西海岸からの横断を目論む我々。

新たに勇者・Eleさんも仲間に加わり、まずは某江頭よりフォロヘルの厳しさについての指導が入る。

ScreenShot02274A.jpg

身体を張って凍死してみせる某江頭教授。
まあ単に足を滑らしただけなんだけどさ。

まずは全員1つ目の島へと上陸に成功。

ScreenShot02275A.jpg

しかしよく見ると・・・

ScreenShot02276A.jpg

苦労して渡ったこの島が、逆から見ると本島からほど遠くないところに位置していることに気づき、愕然とする。

気を取り直して・・次なる島へ・・・

ScreenShot02278A.jpg

まずは某江頭が一番に上陸。「ここは江頭島だ!」と言わんばかりに得意気な某江頭。

ScreenShot02279A.jpg

続いて嫁が追いかける。

ScreenShot02281A.jpg

全員上陸成功。


ScreenShot02282A.jpg


さあ次のターゲットとなる島はどこだ!あそこか!?


ScreenShot02283A.jpg

すっかり調子に乗った某江頭。勢いよく飛び込んだものの、死亡。

ここはセカンドチャレンジャー・ラムが何としてでも上陸しなければならない。


ScreenShot02284A.jpg

CPTのプライドにかけて・・・!!

ScreenShot02285A.jpg

おおおおおおおおおおおおいいいいいいいいいいいいwwwwwwww
仁王押し忘れてもたよーーーーーwwww

そして新たに加わった勇者・Eleのチャレンジ。

ScreenShot02287A.jpg


しかし改めて感じた、フォルヘルの寒さはやはり厳しい。

クエをやろうとINしたのにこんなツアーに巻き込まれてこの日一番不運だったのはこの勇者だったに違いない。

こうして某江頭と愉快な仲間たちは、どんどん人を巻き込み、被害を拡大させていくのだ。


   <中途半端なところで第4章に続く>





























posted by Mayumin at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

ラムの大冒険!! <第2章>

   <第1章からの続きです>

新たな離島に辿り着いた我々。
どうやらこの島には世にも恐ろしい即死線があるという・・・。

どんなにヒーローぶっていても

ScreenShot02239A.jpg

死ぬときゃ死ぬし、即死線にはどうあがいても勝てないのだ。

ScreenShot02241A.jpg

ラム(ごとき)に蘇生されるエセヒーロー。

ScreenShot02246A.jpg

おわwwwwwww 自分もやっちまったwwwww

しかしこの島、不思議なことに場所によっては前に進めたりする。このポイントは未だ不明。

そして部長が次のターゲットとなる島を見据えている・・・。

ScreenShot02247A.jpg

ところでなんで某江頭は釣竿なんだ・・・

ScreenShot02250A.jpg

ささ、次の島へレッツだゴー!

ScreenShot02252A.jpg

ひ、ヒーロー死亡・・・やはりエセヒーローだ。

ScreenShot02253A.jpg

やはりここでも一番に到着したのは部長。
某江頭が第一発見者となって「江頭島」にすることを目論んでいたが、遭えなくここもまた「カイアス島」となってしまった。

さあそして・・・!!
いよいよこの先の島は過去最大の難関となる。

我々はここで力を合わせてこの苦境に立ち向かおうと作戦を練った。
そう、CPTが3人いる。みんなで力を合わせれば、仁王を3回も使えるのだ。

今までは「誰が一番に辿り着くか」的なちょっとした対抗心もありつつ渡ってきたこの旅も、初めて共同作業でこの立ちはだかる難関を迎えることになった。

とにかく我々は最悪辿り着けなくとも、部長だけは守らねば!
部長さえ着けば、我々は後で召還してもらえればいい。

仁王・身代わり・速足・旗の順番を決めて、メシ食って、トークン入れて・・・・・・

万全の体制で、いざ、出発!

ScreenShot02256A.jpg
ScreenShot02257A.jpg

ああああああああああああああああああああwwwwwww
え、えがちゃん・・・wwwwww

やはりここは大きな壁であったか・・・・!!

そしてゴールがいよいよ近くなったところで・・・

ScreenShot02260A.jpg

ぶw 死亡www
しかし部長は辿り着いている!ヤッターーーーー!!!!

(この時部長にヒールして死んだと言ってるが完全にウソつきました・・ヒールした気になってましたが、しようとして立ち止まった瞬間死んでました・・・スイマセンww しかもテンパってたから気づいてなかったけどCPTって立ち止まらずにヒールできるんだよね・・・)

と、とにかく到着ーーーーーー!!!!!

ScreenShot02263A.jpg

ここは我々の領地と言わんばかりに旗を立てるラム。

マップ的にはこの辺り。

ScreenShot02265.jpg

もうこの先の島へ渡る余力は残っていない。
なぜなら時刻は明け方4時を回っていたからだ。

我々はここで冒険の旅に終止符を打った。

ありがとう、旅の仲間たち。

その日は美しい月夜だった。

ScreenShot02271A.jpg


   <完・・・と見せかけてまだ続く?>
posted by Mayumin at 21:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラムの大冒険!! <第1章>

  <序章からの続編です>

こうしてフォロヘルに辿り着いた我々。

ScreenShot02223A.jpg

この島には運が良ければ誰でも辿り着けるもの。
しかし遠くにふと視線をやると・・・

あの島は・・・・・!!!

向こう島からフォロヘルにかつて住み着いていたと言われる悪魔が「おいでおいで」している。
マジメに泳いで渡ろうとした過去の戦士たちがフォロヘルの寒さにヤられてしまったという伝説を聞いたことはないだろうか。

しかし幸いなことに我々CPTには「仁王立ち」といういかなることがあっても倒されないスキルがある。
これを利用しないテはない。

勇者・某江頭。
いの一番に勢いよく飛び込んだものの、死亡。

続いてセカンドチャレンジャー・ラム。

ScreenShot02225A.jpg

あwがwれwねwえwwwwwwwwwww

ScreenShot02226A.jpg

あと少しのところで力尽きてしまった。
仁王のCDの切れたところで某江頭が再戦。

ScreenShot02227A.jpg

やはり段差があって厳しい。
ちなみにアングマリムやらが迎え撃つ、本島のほうには簡単に上がれるということもわかった。

ScreenShot02228A.jpg

死んだけどな!www

ここで我々はターゲットの島を変更することにした。
更に先に見える、距離はかなりあるが一見安易に登れそうな島をターゲットにすることにした。

BUR・ミーゴンがCPTに変わってくるということで、心強い味方を得る。
ミーゴンのCPTと言えばかなりのCPTマイスターだ。
これは期待できそう・・・と言ってしまえば某江頭には失礼か。

ScreenShot02229A.jpg

ミーゴン改めカイアスが行く!
やはり安定感がLV45のラムとは違う。

ScreenShot02230A.jpg

こうしてなんと遥か向こう島まで一番ノリで辿り着いてしまったカイアス。バフがえらいことになっているwこれは本気だ。こんなに本気のカイアスは久々に見た気がする。
宿命をここまで全開に使ってる人は初めて見たかもしれない。
この辺りがカイアスが水泳部部長と呼ばれるようになった所以である。

そしてどうやら向こう島では即死線があるらしい・・・。

某江頭も到着している。とにかく仁王のCDが切れるのを待ち、追いかけてみる。そしてラムも少ない宿命の中から泣く泣くバフを購入。

ScreenShot02232A.jpg

カイアスの姿が見えて来た!ぶ、部長、ひ、ヒールを・・・!

ScreenShot02234A.jpg

着いた・・・!

ScreenShot02235A.jpg

こうして我々は次なる島へ到着。マップ的にはこの辺りである。

ScreenShot02243A.jpg


   <第2章へ続く>
posted by Mayumin at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラムの大冒険!! <序章>

やあやあ、毎晩毎晩クダラナイことに時間を費やしてる松下組です。

ここ2日ほど、わたしたちが熱中している遊びがあります。

「しょーもないことやってるなーw」と他KSのフレにも言われれてますが、うっせー!ww 我々の冒険はまだまだ始まったばかりなのです。

事の発端は、KSを代表する変態であるCPT・某江頭が、酒樽で巨人の針山に飛ばされたところから・・・。

針山と言えば、以前わたしも何度か一人で飛ばされたことがあります。

そのときはGRDやCHNだったので、他人を召還することができず、一人佇み、空しくも地図るしかなかったのですが。

そういえば前にもこのブログの記事にしましたね。

http://mayumin-lotro.seesaa.net/article/124685436.html

そう、ここです。

一昨日未明、強引にも某江頭CPTに召還されたKSの面々。

今思えばそう、睡眠時間を削ってまで妙な冒険をせざるを得なくなった不運なメンバーだったのかもしれない。

ScreenShot02181`.jpg

ここは自力では登れない高いところではありますが、`うまく落ちれば´即死ではなく、ただ下にいる巨人にからまれるだけの場所であります。

針山の上での練習試合もなかなかスリリングでオススメです。

ScreenShot02183A.jpg

くそーー・・・BURつえぇなー・・・

このとき誰もが「組長落ちねーかな」と思ってたに違いない。期待にお応えできず申し訳ないです。

しかしさっきチラッと書きましたが、`うまく落ちなければ´以下のように即死してしまうのです。

ScreenShot02186A.jpg

ちなみに今回のお手本は某江頭が担当させて頂きました。


そんな中、KSを代表する鋭いツッコミ担当の某江頭にストーカーされて若干メイワクそうな宴会係CPT・某メレちゃんがポツリと言いました。

「フォロヘルになかなか行けないのよね。(行ってみたいなという気持ちを込めて♪)」

それを聞いた某江頭と愉快な仲間たち。

なにぃ・・・!! それは行ってみるしかない・・・・・!!!

「俺の嫁ーーーーーーーーー!!」とメイワクにも一方的に追いかけ続けている某メレちゃんがそう言うのであれば、某江頭は自分がまず辿り着いて召還してあげないわけにいかないのです。

とにもかくにも江頭を筆頭にKSハウスに帰り酒樽のお酒を飲む面々。

期待に胸を膨らませながら・・・。

ScreenShot02188A.jpg

わたしはGRDだったので、この時ドングリをみんなに渡しておきました。

まずは後々「部長」と称されることはつゆ知らずといった感じの某BUR・ミーゴンが何の変哲もないところに飛ばされたのをはじめ、思うような場所へ移動できない各面々。

最悪はCPTの誰かが辿り着けば召還してもらえるところ、やはりまずは自力で飛ばされてみたいと思うのが人間心理。みんな必死です。

「エリたんと呼んでくれ」がキャッチフレーズの毎晩定時に登場する某HNT・エリたんに至っては、酒樽初体験だった模様。


そんな中、自分ではヒーローだと思い込んでるが誰もそんな事実は認めてない、いや認められない、だって毒水で死ぬんだもの・・のエセヒーローの某LRM・Enuがフォロヘルに到達したご様子。

早速ドロ様、ドングリで呼んでもらいました。

ScreenShot02191A.jpg

んー わたしだけ来れてもなぁ・・・
やっぱり召還できる人がここに来れないと、全員呼べないよね。

という訳で再チャレンジするためにCPT・ラムちゃんにチェーンジ!

ScreenShot02192A.jpg

おいまた針山かよ・・・。
もういいんだって、ここは。

気を取り直して再戦!!

するとなんと運よく2回目で到着。

他のメンバーはまだ何回も何回もベロベロになって頑張っています。

ScreenShot02201.jpg

みんなを召還しました。不服そうなのは某江頭。やはり自力で辿り着きたかったのでしょう。

ScreenShot02216A.jpg

美しいフォロヘルの氷上。
某EXELEのPVのような画になりました。


嗚呼・・・ちょっとここらで休憩していいかな?
SS貼りすぎて長くなっちゃった。

まだまだ本題に入ってないよラムの大冒険。

これは序章ということで続きはCMの後で♪
posted by Mayumin at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。