2009年08月04日

ラムの大冒険!! <第6章>

   <第5章からの続編です>

尊い犠牲のもとに到達した島も、蓋を開けてみればスタート地点であったスーリ=キラからほど遠くないところに位置していることが発覚し、愕然とした我々(某江頭と)愉快な仲間たち+α。

しかしここでくよくよしている場合ではない。
我々にはさらに先の島へ渡り続けるという大きな使命があるのだ。

ポジティブに考えれば、後からきた某江頭も合流できるので結果としては良かった。
某江頭がスーリ=キラから渡ってこようとしている。

ScreenShot02380A.jpg

まあCPTこんだけいるから召還すればいい話やねんけどなww

ScreenShot02382A.jpg

「自力で渡る」がポリシーの某江頭を暖かく迎える優しい心を持った勇者たち。そして犠牲があったのは割愛するとして、合流。

そして更なるターゲットを目指す。

ScreenShot02384A.jpg

G2チームが先発で出発。
両チームが同時に出発してしまうと、もし仮に全滅した時に全員が復帰地点に戻されてしまうので、順番に1チームずつ渡ってゆく。

ScreenShot02386A.jpg

またしても先に到着していたG2チームにヒールももらい、感謝多謝!

ScreenShot02387A.jpg

お陰で全員到着。ほっと一息。

更に次の島は・・・ああでもないこうでもないと議論が続く。
このように毎回ターゲットを話し合いの上決めてゆく。

ようやくターゲットが決まり、いざ、前進!

ScreenShot02388A.jpg

意気揚々と(MNSのスキル名ではない)水の中へ飛び込んでゆく勇者たち。だがここでもトラブルが発生した。

ScreenShot02390A.jpg

どうやらこの辺りでみんなの気持ち少しずつにズレが生じ始めたのか・・違った方向に進む勇者もいた。

ScreenShot02395A.jpg

だが、誰か一人でも辿り着けば召還で全員を呼ぶことができるのがCPTの強み。
安全に?全員がこの島への上陸を果たした。

島に着いてからもラムの死など細かいトラブルは多々あるが割愛させて頂きご想像にお任せする。

ScreenShot02396A.jpg

さていくつもの難関を超え、すっかり強気になっている我々。

次なるターゲットを決定し、勇敢に飛び込んでゆくG2チーム。
ここが最も超えれない壁であることなど知る由もない。

ScreenShot02398A.jpg

なななななななななななななななななんとおおおおおおおおおおおおお
ここへ来てG2チーム全滅うううううううううううううう

どうやらここにも即死線があるらしい・・・!

他の島を経由したりいろいろ試してみたが、やはりだめだった。

ScreenShot02401A.jpg

終わるのか?我々の旅はもう終わるのか!?
もうだめなのかああああああああああああああああああ

無念だが、スーリ=キラからの横断(むしろ縦断)は、ここで終止符を打たざるを得ないようだ。


マップ的にはこの辺りである。

ScreenShot02392A.jpg

   
   <第7章に続く>































posted by Mayumin at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいね
Posted by at 2009年08月06日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。