2009年08月07日

ラムの大冒険!! <第8章>

   <第7章からの続きです>


冒頭に書く話ではないかもしれないが、南からの横断(だから縦断)が若干中途半端なところで終わってしまい、またこの先の冒険も今のところ大した進展がない。

作者も実はこの大冒険シリーズをどうまとめようか少々苦悩している。

突然の連載打ち切り・・大作家のように「今は気分が乗らないから書かない」なんて言ってみたいところだが、単にネタがないだけなのである。

しかし大冒険ファンの期待を裏切るわけにはいかない。
読者のためにも今ある力を振り絞って、わずかな続編を綴ってゆきたい。


誰やねんw


さて、苦境の末、南からの横断が不可能ということがわかり、散り散りになった勇者たち。

それでも尚、この苦難の旅の余韻に浸りフォロヘルに残る勇者がいた。

寝なくていいのか? 明日大丈夫か?
お ま え も なwww

残った勇者は6名。
完全にドMとも言うべきこの面々。
言われてみれば、かつて「不運なバーグラー」と呼ばれた男(名前は秘す)の姿もある。

このメンバーで向かった先はすばり、西海岸。
先日も書いたように、古の勇者・ぐろっきぃを迎えても尚、突破できなかった場所だ。

再び先日と同じ西海岸からのスタート。これで笑いがとれれば業界用語でいう「天丼」なのだが。

疲れ果てた身体に鞭を打ち挑む。

この場所ではあの・・そう、あの得体の知れない恐怖の即死線が我々を待っているのだ。

しかし我々の中には今ヒーロー(エセ)を除いて5名のCPTがいる。
それにエセもエセなりにかなりの士気をヒールできるLRMだ。

前回はCPTが最多4名だった。比べて今回は1名多い。しかも前回風邪で欠席していた部長もいる。

仁王・身代わり。
この最強スキルを自在に操れる5名の勇者。


これはいけそうだ。


作戦を練り、いざ出陣。

失敗は許されない。皆の胸に緊張感が迸る。


5、4、3、2、1・・・・

55555555555555555555555555555555

勝つんだ、あの即死線に勝つんだ!!

かーつーんーだーーーーーーーーーーーーーあああああああ

あああああああああああああああああああああwwwwwwww


ScreenShot02409A.jpg


ぜんめつつううううううううううううううううううううう

さらに!追い討ちをかけるようになんとも奇妙な現象が!!

ScreenShot02410A.jpg

どうやらラムと不運なバーグラーを除く他の勇者たち・・なんと海底へと沈んでしまったようだ!!

ラムは水面に浮かぶように倒れこんでしまったので、水面下で何が起こっているのかは記録に残すことができない。

視点をあらゆる方向に変えて見渡す限り、どう見ても不運なバーグラーの姿しか見えない。

ScreenShot02413A.jpg

どういう状況なのか、こちらからは確認することができなかった。

海底へ沈んでしまった勇者の中には、某江頭にほっぺたに「なると」を書かれ、水中で落顔というまさに屈辱を味わうことになる者もいた。

SSでお見せすることができず残念。
どうしても・・という方は、エセもしくは某江頭にご一報を。


こうして、オチが「なると」かよ・・というなんとも微妙な結末でこの日の旅を終える我々(某江頭と)愉快な仲間たち。


この数日、あらゆるポイントからフォロヘル湾を料理してみたが、未だ先の見えない暗黙のエリアから抜け出せない我々。

フォロヘル湾はこうして太古より挑戦者を誘い込み、命を奪い取る非常に恐ろしいところなのだ。

(某江頭と)愉快な仲間たちは、白く凍りつくフォロヘル湾を前にあがき続けている。

我々はいかにしてこの難関を突破し得るのであろうか・・・。


ひらめき ここでお知らせです。

あなたも(某江頭と)愉快な仲間たちの旅の仲間に加わりませんか?

共にこの果てしない戦いに立ち向かえるというほんの少しの勇気さえ準備して下されば大丈夫です。

大冒険シリーズの続きを一緒に綴ってゆきませんか?

ご応募、お待ちしております。


   <気分が乗れば第9章へ続く>















































posted by Mayumin at 19:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。